整形外科の紹介

 

 

  整形外科は、脊椎及び四肢を構成する骨・関節・靭帯・筋肉・腱や脊髄・末梢神経などの運動器全般における
外傷や疾患を診療する科です。当科の基本方針は、全ての患者様が安心して確実な治療を受けられることを最優
先に最新の知識や技術を積極的に導入して診療を行なっています。当科が行っている手術は主に骨折などの外傷
外科、人工関節手術などの関節外科、脊椎・脊髄外科、関節鏡視下での靭帯再建術などによるスポーツ外傷外科
など専門の医師により対応しております。特に脊椎外科では脊椎内視鏡技術認定医による患者様への負担の少な
い最新の脊椎内視鏡手術を積極的に行なっております。
また、患者様のより適切な社会生活への復帰を目指しリハビリテーション科と密に連携して術前術後の
リハビリテーションや評価はもちろん、外来リハビリテーションや訪問リハビリテーションも積極的に行なっております。

 

外傷外科について

 
 

脊椎脊髄、四肢の骨関節全般の外傷を対象に診療しております。特に外科的治療を要す外傷については早期復帰・
患者様への侵襲の軽減を目標に積極的に最新の技術や知識を導入して手術を行っております。脊椎脊髄外傷では
頚椎から骨盤まで手術対象としております。四肢骨関節外傷では骨折に対しては最新のインプラントを用いた
固定術、人工関節手術、関節形成術、靭帯修復術、神経/腱縫合術、手指領域における機能再建術、偽関節手術
など幅広く行なっております。

 

 

関節外科について

患者様のQOL(生活の質)の向上を目的に関節全般を対象に診療しております。特に人工関節置換術を積極的に
行なっており、下肢は人工膝関節置換術(TKA)、人工股関節置換術(THA)、人工足関節置換術(TAA)、
上肢は人工肩関節置換術(TSA)、人工肘関節置換術(TEA)、人工指関節置換術(TFA)、両膝関節に対して
同日に行う一期的両側TKAや膝関節の一部だけを置換する単顆置換型人工関節置換術(UKA)など関節全般に
対して手術を行っております。さらに、人工関節だけでなく手関節に対する関節形成術、外反母趾などの足趾の
変形に対する関節形成術、足関節や手関節に対する関節固定術など人工関節手術以外の関節外科も幅広く行っております。




スポーツ外傷外科について

スポーツでの外傷に対し外科的治療、特にスポーツ復帰を目指した関節鏡を用いた手術を積極的に行っております。
膝関節では前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、半月板損傷等に対して関節鏡視下靭帯再建術や関節鏡視下半月板縫合術、
肩関節では関節脱臼に対する関節鏡視下関節唇修復術や腱板損傷に対する関節鏡視下腱板修復術、肘関節の投球障害に
対する関節鏡視下骨棘切除術、足関節靭帯損傷に対する靭帯再建術などを行っております。特に膝関節前十字靭帯損傷に
対しては復帰するスポーツの種類や特性に応じて半腱様筋腱を用いた二重束再建術、靭帯補強術、骨付き膝蓋腱を用いた
靭帯再建術(rectangular BTB法)を行なっております。

 

 

 

脊椎外科について

   

頚椎から腰椎に生じる疾患、外傷に対する手術を行っております。主な疾患としては頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、
後縦靭帯骨化症、黄色靱帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症や、骨折などの外傷を対象に
手術を行っております。また、脊椎椎体骨折(圧迫骨折)に対する経皮的椎体形成術(Balloon Kyphoplasty: BKP)や
脊椎内視鏡技術認定医による患者様への負担の少ない最新の脊椎内視鏡手術を積極的に行なっております。

 

 

整形スタッフ

手術実績